散財注意!42歳のオレが今までの体験談を全て語ります。

散財注意!42歳のオレが今までの体験談を全て語ります。

散財:よくわからないアート作品購入体験談

僕が最も散財をしたと感じた体験談です。

会社からの帰り道、久々に早く帰ることができたので、
ショッピングセンターをぶらぶらしていた時のことです。

スーツを着た美しい女性が近づいてきて、
「アートに興味はありますか。」と聞いてきました。

なんでも、有名な画家のレプリカ作品を格安で購入できるイベントをやっているといいます。

ちょうど、人気のデザイナーズマンションに引っ越したばかりだった僕、
絵を飾ったらおしゃれかも・・・などと思い、
ついついその女性について行ってしまったんです。

イベント会場に行くと、女性は1枚の抽象画を僕に見せ、
「こちらが今回、お勧めしたいレプリカになります。」といいました。

正直、最初のうちは、「意味不明な絵だな。」としか感じなかったのですが、
女性の、「その絵を描いた作者は、今ニューヨークで最も注目されている画家」
「本物を買ったら、億単位のお金を出す収集家もいる」といった説明を聞くうちに、
その意味不明な絵は、僕の中で、どんどん素晴らしいアートのように思えてきました。

値段は10万円といわれたときは、さすがにひるみましたが、
美しい女性に対する見栄もあって、購入してしまったのです。

家に帰って、冷静にその絵を眺めてみると、
やっぱり意味不明で、部屋の雰囲気にも合わず、
見栄を張って散財してしまったなあと、すごく後悔をしたのを覚えています。








Copyright(c) 2015 散財注意!42歳のオレが今までの体験談を全て語ります。 All Rights Reserved.